DSC_2806

アメリカの大自然の見どころがつまりまくったグランドサークル

グランドサークルとはアリゾナ州~ユタ州にかけて広がるアメリカの大自然を指します。

有名どころでいうと

グランドキャニオン
アンテロープキャニオン
ザイオン国立公園
ホースシューベント
ブライスキャニオン
アーチーズ国立公園
ザ・ウェーブ

などなど。

テレビで見るアメリカの大自然はこの辺に集まってると考えてもらってOKです。ほとんどの場所が500キロ四方にあるので、だいたい1週間もあれば全て周ることができます。

僕たちは以前アメリカ横断したときに、グランドキャニオンとアンテロープキャニオンは行ったので他のスポットに行ってみることにしました。

 

ブライスキャニオン国立公園
DSC_2572

いやー、壮大です。でっかいトンガリコーンがぶっさされている感じで。
DSC_2579

旅先で仲良くなったきみちゃんカップルと遊びに行きました。
これも旅の醍醐味ですよね。
DSC_2550

 

怖くて足なんて震えてませんからね・・・。
DSC_2432

DSC_2433

結婚祝で友人の剛くんにもらった高性能ビデオカメラも大活躍!
DSC_2460

DSC_2588

こんな雪道を登って行くと・・・

 

おー、大絶景!!
DSC_2501
DSC_2573

モニュメントバレー

DSC_2656

この三本岩が有名なところで、ページという田舎町から更に250キロほど。でも田舎道なので2時間ほどで到着。

このぶっとばしドライブも日本じゃできないですよね。
DSC_2659
国立公園内からの写真です。

DSC_2667

DSC_2674

DSC_2676

DSC_2691

DSC_2700

DSC_2710

DSC_2761

DSC_2727

そうそう、一度やってみたかったんですよね!
DSC_2781

この景色はよくパンフレットに出てますよね。

この道探すの苦労しました。ページからきたら国立公園前の交差点から13マイル逆方面に進んだところでした。

道を聞いたウェルカムセンターのいかつい黒人おじさんに、この写真のところ教えてーってiPhone見せたら

「Give me this」

といわれてかたまりましたが。
DSC_2786

DSC_2809

DSC_2815

DSC_2806

午後だったので逆光だったのが残念だったのですが、絶景でした!

次は午前中に行ってみたい!!

 

 

ホースシューベント

いきなりわかりにくい道に駐車場があります。
DSC_2841

駐車場から人の足跡を頼りにあること15分
DSC_2842

でたー!!ホースシューベント!

DSC_2894
馬の蹄ににていることからこの名前がついているそうです。
DSC_2893

DSC_2869

グランドサークルは本当に自然だらけの区域でした!

僕たちはパンフレットに出ているところはほとんど行きましたが、やはりそれぞれの趣があります。

その中でもオススメはやはりグランドキャニオン、そしてあの有名なザ・ウェーブ!

次回はその抽選現場から詳細をお伝えしまーす。

 

DSC_2136

サンフランシスコの町並みとFacebook本社でリアルいいね!してみた

サンフランシスといえばイメージするのは坂の街だと思います。

しかもアメリカには珍しく公共交通機関が発達しているので、レンタカーを借りなくても楽しめるほど便利でした。

街なかを網羅しているのがこの路面電車。

よくネットで見たりしてたのでどこなんやろ?と思ってたらサンフランシスコだったんですね。

めちゃ可愛いです!

DSC_2131

1車線なのに線路と道路が重なってます。

DSC_2143 DSC_2138

DSC_2149

 

ここが路面電車の始発駅。すごい坂でしょ?
DSC_2156 DSC_2153

街中の坂は4駆の車でも先が見えないくらい急です。

 

 

DSC_2166 DSC_2209 DSC_2213 DSC_2223 DSC_2225

アラカトラズ刑務所も見えます。
DSC_2183

そしてサンフランシスコの名物料理といえばクラムチャウダーだそうです。

ピア39
DSC_2172 DSC_2177

 

小腹が空いたのでホットドッグを購入。でかすぎて小腹どころか立派な食事でした。
DSC_2196 DSC_2198

 

そして男子ならあこがれの大リーグのスタジアムAT&Tパークへ。

そう!

あのボートでホームランボールをまっている、カモメがまう球場です。

DSC_2237 DSC_2245 DSC_2246 DSC_2248 DSC_2249 DSC_2259 DSC_2262

最後自重を支えきれずに下に落ちたなんて内緒です。

 

そして車を走らせること1時間。

サンノゼにあるGoogleとFacebook本社に向かいます。

DSC_2269

 

目的地近くで出てきたのがこのピン!

おー、まさに!ですね。

DSC_2271

 

敷地内のエレベーター乗り場
DSC_2283

DSC_2288

当然、中には入れないので、facebook本社に向かいます。

 

本社前の入り口にでっかい看板が。アメリカ的発想で面白い入り口でした。

指相撲 like vs me
DSC_2310 DSC_2300 DSC_2335 DSC_2338

以前アメリカ横断をしたときにいろんな主要都市にいってきましたが、本当に街によって表情が違います。

その中でもこのサンフランシスコはもう一度行きたい!と思わせてくれるオシャレで楽しい街でした。

明日は1000キロの移動日です。

そして明後日はいよいよThe waveの抽選会!!

あたるかな??

We can do it !!

DSC_2061

サンフランシスコ空港でイケメンアメリカ人ロバートとの出会い

いよいよ旅が始まりました。

とはいってもレンタカーを借りてドライブ中心なので「旅」というより「旅行」って感じです。

サンフランシスコ空港のレンタカーでグランドサークルに行くことを伝えると、絶対アップグレードして四駆借りた方がいいよーとのこと。追加料金は2週間で6万円でどうだい?だってさ。

迷った挙句、値切らせてもらって25,000円まで下げてもらいました。初日から出費はイヤですもんね。

この日嬉しかったのがサンフランシスコ空港のエレベーターで出会ったロバートとの出会いでした。彼は東大阪在住で仕事とプライベートを兼ねて、学生時代を過ごした サンフランシスコに遊びにきていたそうです。

ダメ元で

「今日サンフランシスコ案内してくれない?」と聞くと、即答で

「うん、いいよ!」と流暢な日本語で返してくれました。

やったー!!

ってことで、この日から2日間も僕達に時間をかけてサンフランシスコを案内してくれました。

まずは彼の車を追走です。

 

 

 

サンフランシスコの町並み
DSC_2057

 

ゴールデンゲートブリッジ
DSC_2061

ここから地元の人しか知らないであろう山道を登っていくと・・・

ガイドブックには載っていない景色がまっていました。

ゴールデンゲートブリッジ
DSC_2068

 

必ずサンフランシスコに帰った時はここに立ち寄るそうで、確かに地元の人しかいませんでした。


DSC_2071
DSC_2085DSC_2072

 

 

アルカトラズ刑務所。脱走不可能ですね。DSC_2078

そして街案内。
ヘイトストリートといってヒッピーな町だそうです。

DSC_2112DSC_2113

そしてゴールデン・ゲートパークも連れてってくれました。

ここはサンフランシスコ市民に取って憩いの場。NYのセントラルパークといったところでしょうか。

DSC_2114DSC_2117

ここでは怪しげな人たちがすれ違い様にロバートに「ナゲット」となげかけていました。話しかけるとマリファナの隠語だそうです。そう彼らは売人でした。

入り口から300メートルほど歩いていたのですが、

「気が付かなかった?もう7人位に声かけられていたよ。」って(笑)

そもそもカリフォルニア州でマリファナは合法なんですね。

でも購入に登録が必要らしく100ドルかかるので、こういった闇取引が頻繁にあるそうです。公園はマリファナの匂いが充満してました。

ちなみに、サンフランシスコはアメリカ人はサンフランというそうです。シスコじゃないんですね。

DSC_2088

プリンテッドレディーからの夜景 DSC_2125彼のお陰でとても満足の1日でした。

 

 

 

DSC_2045

世界一周に行く前の気持ち

20歳の頃から漠然と

「世界一周をしてみたい!」

と思っていました。

出発時は29歳で9年近く思い続けてきたわけで、その夢に向かって仕事もしてきました。

でも不思議なことにそれが現実になると正直ピンとこないんですよね。

楽しみ?不安?日本を離れる寂しさ?

色んなきもちが入り交じるんですよ。

 

あんなに楽しみにしてたのにどうしたんやろ?って自分でも不思議でした。

 

仕事がバタバタしていたので結局用意も3日ほど前から始める始末で・・・・。

 

実感が湧いてきたのが、両親・友達・お世話になっている人などなどに壮行会を開いていただいた頃からでした。

そこで食事をごちそうになったり、温かい言葉かけてもらったり、餞別や旅行用のプレゼントをいただき、

 

「あっ、俺達ってホンマに世界一周するんやなあぁ。」って実感がわいてきました。

本当に感謝です。

もう1つ気がかりなのが高齢の祖父母のこと。

体は元気なのですが年齢的にはいつ何があっても不思議ではないので、旅行前に食事をしてきました。

その時に出てきたお食事がランチのフルコースで20代の普通の人なら食べきれないでろう量なのですが、

祖父母たちは一瞬でペロリと平らげて、しっかりデザートも2つ頼んでいました(笑)

これだけたくさん食べれたら大丈夫やな、って妙に安心しましたね。

帰ってくるまで元気でいててね!

さぁ、いよいよ関空からユナイテッドでサンフランシスコに向けて出発です!

 

本当は13日出発だったのですが、7日に財布をなくしてクレジットを再発行するはめに。

結局見つかったのですが2013年12月15日関空→サンフランシスコに変更しました。

そんなこんなでいってきまーす。