まさかの失敗?グアテマラ・フローレスからメキシコへの国境越えツアー。

グアテマラでスペイン語留学を終えた僕達はアンティグアを出発し、グアテマラシティからフローレスへ旅立ちました。まぁ、そのグアテマラシティのバス停がなんとまぁ怖いこと・・・・。

街の雰囲気だけでなく、バスターミナルもどんより&人の雰囲気も悪くまだ2カ国目の僕達には中々ハードルの高いところでした。

グアテマラシティは毎日15人前後の人が殺されているらしく(警察情報)、そんな前情報もなおさら僕達に追い打ちをかけました。

 

さてさて、今回の国境越えは「船」です。

とは言ってもボートで川を超えるという、いかにも「旅」って感じの国境越えですよね。

グアテマラ・フローレスから200ケツ払い国境に向かいます。

DSC_3869

 

未舗装道路は基本です。

DSC_3870

横に座ってたおばちゃんのダンボールにはヒヨコが。

1匹7ケツ(100円)で、食用にするのだとか。

複雑な気持ちです。

DSC_3867

そして原始的な風景を抜けると、そこには川が。

DSC_3871

DSC_3873

ここからメキシコ側に船で渡るそうです。

DSC_3876

まさかこの笑顔のあと大惨事が起きるなんて予想もつきませんでした。

DSC_3877

 

地元の人の交通手段のようですね。

写真撮らしてーといったら、みんな横向くという恥ずかしがり屋さんばっかり・・・(笑)
DSC_3879

DSC_3880

DSC_3881

もうすぐ到着。 DSC_3889

で、降りて

イミグレに向かうと・・・・・

「グアテマラの出国スタンプがないじゃないか!メキシコの入国は認められないのでもう一度グアテマラへ戻れ!」

 

(´・ω・`)?

 

何が起きたかというと、

基本国を出国するときも入国するときもイミグレを通ってスタンプをもらわないといけないわけです。もちろんそんなことは知っていたのですが、

なんとグアテマラの国境でドライバーがイミグレを通ったとき教えてくれなかったんです。僕達は国境越えツアーに申し込んだのに、ドライバーはそれを知らず、僕達にはなーんも伝えませんでした。

そう、これが中南米あるあるです。

 

でボート乗り場で川を戻る交渉開始。

イミグレまで戻りたいんやけど、いくら?

40ドルやわ。

は?高すぎひん?

ガソリン代高いんだよ。

とこの繰り返し。ビール一本35円のグアテマラで15分のボートチャータ4000円とかボッタクリもいいとこでしょ?

でも日が暮れきたので諦めて支払いました・・・。

そしてボートを降りてからタクシーを使ったら、

これもまた5分の距離、15ドルとか法外な値段請求されーの・・・

まぁ、さすがにモメてまけさせましたが、もうイミグレついたころにはクタクタでしたね。

 

でもね、

捨てる神あれば拾う神ありですよ。

再びメキシコのイミグレで

「俺達こんなに大変だったんだぜー。疲れたからビール飲みたい。どこで売ってる??」と聞くと、

「ここにビールあるけど飲むか?」

今日二度目の

(´・ω・`)

ですよ(笑)

 

てことでまさかのイミグレでかんぱーい。

 

DSC_3891

DSC_3893

そのあとは近くに1件しかないwifiつきのホテルに宿泊~。

3000円とこの辺の物価にしては高かったですが、

DSC_3900

リゾートチックで、

DSC_3901

ご飯もおいしくて

DSC_3906 DSC_3909

緑いっぱいで

DSC_3896

 

いかにもザ・南国っていう雰囲気。 DSC_3917 DSC_3919 DSC_3923 DSC_3924

ようやく長い一日がおわりました。

明日はパレンケに抜けてからのメキシコシティ出発です。

 

おまけ

マヤ文明の巨大遺跡、ティカルに行ってきました。

が、世界史に全く興味のない僕達からすれば苦痛の時間でした(笑)

歴史好きにはたまらん場所らしいですがね。

DSC_3824 DSC_3825 DSC_3849

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)